minr.bz(マイナービズ)など、完全閉鎖!?を受けて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

DesireBitcoin(デザイアビットコイン)、 minr.bz(マイナービズ)など、HYIP(ハイプ)案件の相次ぐサイト閉鎖!?を受けて。

イメージ

最近、HYIP(ハイプ)案件というものがあります。
HYIPというのは、「High Yield Investment Program」の頭文字を取ったもので、「高収益投資プログラム」と日本語では訳されているもの。
有名なところでいくと、BitRegion(ビットリージョン)という日利1%という案件があり、類似するような日利3%、日利4%など、様々な案件が乱立しているような状況です。

この、日利3%、ものによっては日利10%という案件は、非常に魅力的ですよね。
もし本当であれば、かなり投資したくなります。

ただし、リターンの裏側には、リスクも常に付きまとうもの。
実際、私にも話が来ていたのですが、DesireBitcoin(デザイアビットコイン)とminr.bz(マイナービズ)という案件は、相次いでどうやら完全閉鎖のようです。。
これらのホームページにアクセスしても、何も表示されない状態になってしまいました。
もちろん利益が出た方もいらっしゃるのでしょうが、本当にひどい話です。
(システムメンテナンスの可能性もあるとのことですが。。。)

こういった案件に、何百万も投資して、すべて飛んでしまったという方もいらっしゃるようです。
投資の世界は自己責任でしょうが、何の予告もなく飛んでしまうのは、正直憤りを感じます。
ハピカチにおいては、このようなHYIP案件の紹介はしておりませんでしたが、今回の事態を受けてより一層案件の精査は慎重にしなければならないと感じました。

ポンジスキームという言葉をご存知でしょうか?

私は詳しくはないですが、HYPE案件には、一般にはポンジスキームと呼ばれる類のものもあるのでしょう。

ポンジ・スキームとは、詐欺の一種で、「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、謳っていることとは異なって実際には資金運用を行わず、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を(やはり運用せず)以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。

(引用:「Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%A0)」)

どんなビジネスでも投資は付きもの。
ですが、明らかに破綻しそうなものには投資するべきではないでしょう。
これは本物なのか、偽物なのか、私も勉強をしていきながら見極めていきたいと強く感じました。

追伸:
こういった案件の中でも、もちろん本物の案件もあるかと思います。
しかしながら、あなたが投資をされる際は、詐欺であるという可能性も考えて、ギャンブルや宝くじを買った感覚で、自己責任でされることを強くおすすめします。

この記事に関するお問い合わせやご質問は、LINE@でお気軽に^^
LINE@限定で、お役立ち情報やお得な情報等も無料配信いたします。

山口真悟のLINE@(ID検索の際は、@をお忘れなく)
@ixm6700n

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

これらの記事も、あなたにとってもオススメです!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)