【(開催済)2020年7月31日19:00〜20:30開催】IVAアフィリエイトプラン(アジアンバンク) コロナ禍でも稼ぐための全国ZOOMセミナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

IVAアフィリエイトプランとは

今回 本当にすごいビジネスがあるとお伝えしておりましたが
とんでもないことになりそうです。

コロナショックで世の中が本当に大変になっています。
2020年7月30日の全国感染者は1288人と発表されて
感染拡大の歯止めがかからない状況となっています。

旅行業・宿泊業・飲食業を中心に
各業界が大打撃を受けており
新しい生活様式や生き方が求められています。

もう誰も守ってくれません。
あなたの人生はあなたで切り開かなければならない時代に
突入してしまったのです。

2020年3月24日からIVAアフィリエイトプランのビジネス参加募集が
スタートしておりましたが
この情報はあまりにも早期で最上流案件でしたため
あえて具体的な案件名を公表せずにハピカチのLINE公式アカウントで
クローズ状態でご興味がある方にご案内をさせて頂いておりました。

しかしながら、昨日IVAからロードマップが公開され、見通しが見えましたため、このタイミングでハピカチでも公表して参りたいと思います。

この案件は、ASIAN BANK & CAPITAL TRUST(アジアンバンク&キャピタルトラスト)というアメリカのオフショアトラストバンクを紹介することでコミッションを得られるビジネスモデルとなっており、報酬体系にはマルチレベルマーケティング(MLM)が採用されております。

コロナウィルス禍においてあらゆる
既存のビジネスモデルが崩壊している中
今回 なぜアメリカの銀行を紹介するビジネスなのでしょうか?

恐縮ではございますが
私もクローズセミナーで登壇もさせて頂いております中
その真実をお伝えさせて頂きたいと思います。

日本に危機が迫っている!?

国民が銀行や保険会社に預けているお金は1100兆円と言われており
そのお金は実は銀行や保険会社に預けられているのではなく
国に又貸しされているという事実をご存知でしょうか?

日本の借金(国債)は、
銀行や保険会社を通して、
私達が預けているお金(銀行であれば普通預金)から
買われているのです。

つまりは、国民が日本国にお金を貸している貸主なのです。

そして今、日本の国の借金は1100兆円を超えているという事実があり
もう日本国は国民という財布を使い果たしてしまっているのです。

ハイパーインフレと預金封鎖の危険!

諸説ありますが、今の日本の財政状況は極めて危険で、
いつ財政破綻してもおかしくないとも言われております中、
もし財政破綻や国家破綻が起きるとどうなるのでしょうか?

1つ目としてハイパーインフレが起きる可能性があります。

世界から見た日本円の信用が低下して、日本円の価値が急激に下がる減少です。
例えば、昨日1パック100円で買えていた卵が1パック1万円になってしまったり、2000万円の不動産が20億円の価格になってしまったりと、日本円資産だけでは持っているだけでは、到底生活できないような現状が待ち受けているのです。

これまででもロシア、キプロス、アルゼンチン、ジンバブエ等の国で財政破綻が起き、自国通貨しか持っていなかった国民は、非常に厳しい生活を余儀なくされました。

2つ目が預金封鎖です。

預金封鎖は戦後の日本でも過去に実際に起きました。

1946年 戦争に勝つために大量の国債を発行していた日本でしたが
敗戦するとその国債を償還(返済)ができなくなってしまい
預金封鎖を断行しました。

資産額に応じて約20%〜90%の課税を資産税として掛けたのです。
資産を持っているだけで税金が取られるという
とんでもない法律が施行されました。
銀行口座に預けられている預金だけではなく
証券、貸し金庫の中の貴金属や貴重品、
不動産、保険などありとあらゆるものがその対象となりました。

しかも、その預金封鎖の前日に行われたのが新円への切り替えでした。
「旧日本円は持っていても使えなくなるから、新円に切り替えましょう。」
銀行に預けることで、新円に交換できますということを発表して、市中のお金が一番多く銀行に預けられたタイミングでの預金封鎖。
まさに当時の政府の用意周到さが伺えます。

2024年に行われる新円切り替えで何が起きる!?

・国債が大量に発行されている(コロナショックでさらに大量に)
・新円切り替えが2024年に決まっている
・日経新聞も預金封鎖に関する記事を書き始めている

この事実は何を物語るでしょうか?

あなたは、現代社会において預金封鎖なんてありえないと感じるでしょうか?
それとも、預金封鎖の前触れではないかと感じるでしょうか?

海外口座を持つことが日本の国家破産対策になる

あなたは今 海外口座を持っていますか?
実は私は持っております。

この4年間 ご縁がありまして海外での資産形成について学ばせて頂く機会があったのです。

日本が国家破綻するのか、それとも持ちこたえるのか。
未来のことはわかりませんが、それに備えておくことは極めて重要であると言えます。

コロナウィルスショックには、マスクや消毒液を備える。
災害には、水や保存食を備える。

それらを提供した企業は莫大な利益を上げています。

そして、今回日本の財政危機に備えるために、海外銀行口座、それもアメリカの銀行口座を持つ必要があるとしたら。

さらにそれをIVAアフィリエイトプランのビジネスを通じて
仕掛ける側に回れるとしたらどうでしょうか。

アメリカ人以外でアメリカ口座を持っている日本人や世界の人々は、ごくわずかの人に限られています。

国家破産対策にはなぜアメリカの銀行なのか、それを仕掛けることで生まれる莫大なビジネスチャンス、さらに関連商品が増えていくことによる収益の増大が見込める、MLM組織を作ると安定した収益を得られる可能性が高い。

今 様々なサービスやモノが飽和した社会において、
多くの業界は血を血で洗うビジネス競争をしている中、
いわゆるレッドオーシャンで戦いを仕掛けなければなりません。

社会が多くの人が潜在的に求めるニーズでありながら、
海外口座開設の市場は、
これからさらにニーズが高まってくることは間違いないでしょう。

ここを仕掛けられるビジネスがあるとすれば、
しかもそれがかなりの著名人が取り組んでいるとすれば、
しかもウェブやZoom上でのビジネス展開も可能だとすればどうでしょうか?

本当に可能性に満ちたワクワクするビジネスであると思いますよね!

その答えはセミナーでお伝えさせて頂きたいと思います。

2020年7月31日の19:00〜20:30
IVAアフィリエイトプランの全国Zoomセミナーを開催致します。

ZoomのIDとパスワードをお知りになりたい方は、下記のハピカチのLINE公式アカウントからご連絡くださいませ。

友だち追加
この記事に関するお問い合わせやご質問は、LINE@でお気軽に^^
LINE@限定で、お役立ち情報やお得な情報等も無料配信いたします。

山口真悟のLINE@(ID検索の際は、@をお忘れなく)
@ixm6700n

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)